HOME > ご利用について > 入浴・宿泊について

入浴・宿泊について

入浴について

本館大浴室
水栓数:シャワー付蛇口22個
人数:最大50人
備考:入浴用車椅子対応
本館小浴室
水栓数:シャワー付蛇口20個
人数:最大20人
入浴用車椅子対応
別館浴室(各棟に2室あります。)
水栓数:シャワー付蛇口6個蛇口1個
人数:最大10人

宿泊について

(1)宿泊室について

ア)宿泊棟
宿泊棟 主な仕様 室数 人数 備考
本館 うぐいす棟 宿泊棟 2段ベッド×4 9 8~11
宿泊棟 10畳 3 8 身障者対応和室
和室 18畳 4 12~14 第二のみ定員12名
休養室 7.5畳 4 3
ひばり棟 宿泊棟 2段ベッド×4 12 8~11
和室 18畳 4 14
休養室 7.5畳 4 3
別館 きじ棟 宿泊棟 2段ベッド×4 12 8~10
休養室 7.5畳 2 3
もず棟 宿泊棟 2段ベッド×4 12 8~10
休養室 7.5畳 2 3
イ)備え付け備品
  • ・ハンガー(3~11本:1室当たりの宿泊可能者数に応じて異なります)
  • ・タオル掛け
  • ・掃除用具
  • ・冷蔵庫、金庫、電気湯沸器及び折りたたみ式ベッド(休養室のみ)
ウ)宿泊室の配室方針
  • ・引率者と児童、さらに男女別に必要な室数を割り当てます。
  • ・休養室は、基本的に1団体に対して少なくとも1室割り当てます。
  • ・本館は、30名程度の団体に1フロアの半分、60名程度の団体に1フロア全て、150名以上の団体には1棟全てを割り当てます。
  • ・別館は、60名程度の団体に半分、100名以上の団体には1棟全てを割り当てます。
エ)注意事項
  • ・宿泊室内での飲食はできません。
  • ・宿泊室を出る際は、必ず照明を消し、エアコンも切ってください。
  • ・次の団体が気持ちよく利用できるよう清掃・整理整頓にご協力をお願いします。
  • ・異性が利用する宿泊室への立ち入りはご遠慮ください。

(2)寝具の使い方について

ア)寝具の敷き方
  • a)枕を枕カバーに入れる。
  • b)マットレスの上に,ベッドパッドを敷く。(たたみに寝る場合,マットレスを敷いてからベッドパッドを敷く)
  • c)この上にシーツを2 枚重ねて敷く。
  • d)さらにこの上に毛布と布団をかける。
  • e) 2 枚敷いたシーツの上の1 枚は,頭の部分を折り返す。
  • f)シーツとシーツの間に入って寝る。
画像:寝具の敷き方
イ)寝具の片付け方
  • a)布団をたたむ( 2 回折る)。
  • b)毛布をたたむ( 3 回折る)。
  • c)ベッドパッドをたたむ( 3 回折る)。
  • d)折り目をそろえて、ベッドの窓側へ置く。
たたみ方

画像:寝具のたたみかた

置き方
下から布団,毛布,ベッドパッド,枕の順に折り目をそろえて,ベッドの窓側に置く。
※和室は棚に種類毎に置いてください。
次の団体が気持ちよく利用できるようご協力をお願いします。
画像:寝具の片付けかた